TAIAKN core でスポーツ界に革命を

2019年10月18日

人間の全体重を支えている足

普段から足に意識を向けて靴や靴下を選んだり、立ち方や歩き方を気にしている人はあまりいないのではないでしょうか。一人でも多くの人に、足元の重要性を知ってほしい。そして身体の不調から開放され、自己ベストを更新してほしい。そんな想いで、トップアスリート・一流トレーナー・各専門家などから、足もとにまつわる様々なお話を伺い情報を発信していきます。

写真:進化し続ける岐阜朝日クラブ1

写真:進化し続ける岐阜朝日クラブ2

写真:進化し続ける岐阜朝日クラブ3

進化し続ける岐阜朝日クラブ

2019年のグランドホッケー全日本社会人選手権大会は、鹿児島で9月14日から18日の5日間で開催している。
参加チームは男子26チーム、女子14チーム。
この大会に日本リーグ2連覇中の岐阜朝日クラブも参加している。16日から3試合を終えて圧倒的なゲーム展開で決勝に進んだ。
今回注目したポイントは、岐阜朝日クラブの選手の『試合中に見せる身のこなし』『相手選手との対人プレー』だ。日本代表メンバーが揃う岐阜朝日クラブではあるが、この2点は相手のよりも特に勝っていた。
もちろん能力のある選手が集まるチームではあるが、2年前からTAIKANcoreを履き続けた岐阜朝日クラブ。
足元、足指に選手全員が意識をして3年目。どこまでチームが変化し続けるか見守っていきたい。

 

みらいアスリート研究所 (株式会社桜羅コーポレーション)

トピックス一覧

話題のトピック