「足元を整える」から「足指を使う」へ

TAIKAN coreでスポーツ界に革命を

足元マガジン

年収1000万円超えるカリスマドライバーの秘訣は足元にあり

写真:年収1000万円超えるカリスマドライバーの秘訣は足元にあり1

年収1000万円を超えるロイヤルリムジン カリスマドライバー末廣誠氏がTAIKANcoreを愛用してくれている。その末廣氏がどのように足元を意識して仕事をしているのか取材した。



「なぜ、ドライバーにとって足元の拘りが重要で、TAIKANcoreを選んでくれたのか」

「アクセルとブレーキを踏むのは足で、心地よい快適な運転技術は足元の細かな動きが重要になる。」


「だから乗客者の安全・安心・快適のため足元を整えるのは仕事として当然である。
そのために、靴にも拘るし、ソックスも拘る」と末廣さんは淡々と語った。

 

末廣さんが普段から行っている習慣は以下の通り

 

1.運転する時はもちろん普段から自分に合った靴と足指を開放してくれるTAIKANcoreソックスを履く。

2.サンダルなどは普段から履かない。

3.運転中はレーシングシューズを着用。

4.毎日入浴後の入念な足裏・足指のケアをする。

5.爪の手入れをしっかりする。深爪をしない。

6.目を守るため、だてメガネを普段から着用。

 

せっかく運転が好きでドライバーになったのに、体を壊して辞めていく人間が多い。
それだけ、お客様を乗せた長時間の運転は、想像以上に心身ともに負担が来る。
だからこそ、普段からの体のケア、特にペダルを踏む足のケアが重要であるという。

 

・足指が解放され、正確な運転ができる

・長時間履いてもストレスフリー

・浮腫まない

 

これが、TAIKANcoreの評価であり、選んでくれた理由である。

 

実際、どのような足をしているか急ではあるが足を見せてもらった。
年齢からは考えられない。それだけでない、プロアスリートよりも美しい足。

アーチが保たれ、豆ひとつなく、爪が綺麗。

(2019.07.16)