「足元を整える」から「足指を使う」へ

TAIKAN coreでスポーツ界に革命を

活動報告

靴紐講習(in ディオッサ出雲FC)

写真:靴紐講習(in ディオッサ出雲FC)1

今回の靴紐講習会は、島根県出雲市でサッカーなでしこリーグへの参入に向けて活動しておられる ディオッサ出雲FC様で行ってきました。


トップチームは18名と少し少な目ではありますが、非常にチームの雰囲気もよく活気に溢れていました。そんなディオッサ出雲FC様から依頼を受け選手のスパイクの紐を結んできました。

18名全員とは行きませんでしたが、約2時間の練習を見させて頂き、選手一人一人の動きをチェックし、各ポジションにおける役割、選手のプレースタイルを見て、紐の調整をし、靴を調律しました。


スパイクのサイズ、種類が足に合っていない選手がほとんどでしたが、
骨盤が後傾したり、O脚、X脚、タコ、浮指などの直接的な原因はスパイクではなく、普段履きのシューズにありそうでしたので、普段履きも持ってこられていた選手には、その場で改善をしました。

どうしてもスパイクが合っていない選手については、次の日に出雲ゼビオ店一緒に行き靴を合わせに行きました。その時に購入した靴は、アシックスのDSライトです。




ディオッサ出雲の皆さん10月の入れ替え戦頑張ってください。この度は有難うございました。

 

みらいアスリート研究所 (株式会社桜羅コーポレーション)

(2019.09.05)